湯口 義博

会長を経験してよかったことは、嫌でもPets.地区大会.小倉5クラブ会長幹事会など
絶対に出なければならない会合があってこのため自動的に一般の会員より早くロータリーの活動についてそれなりの理解と知識が身についたことです。
ただ反省としては、その知識を行動に活かしていない点です。
それはこれからの課題として克服していくしかありません。
皆さんもこれから会長の打診があったときは絶対に受託してください。
野球部を立ち上げたことは別の原稿に書きましたが、例会で誕生日の一分間スピーチをするようにしたのも私が会長の時からです。(嫌なことを始めてすみませんでした)

会長の時間から抜粋


5/22
先日から、今期3回目の家庭集会の実施をお願いしておりましたが、もう実施されましたでしょうか。私のところは、先日、藤寿司さんにお世話になり美味しい食事をいただきながらいろいろな意見が出て大変有意義に行われました。
ところで、今回は特別テーマも設けずに、実施していただいておりますが貴重な意見が出ているのではと推察致します。
今回は、家庭集会の報告を例会で行うと、せっかくのプログラムが未消化になるので、例会での報告はしないことにしておりますが、せっかくのご意見をグループ内だけのものにしてしまうのは残念です。
そこで、各グループで代表者を決めて、家庭集会で出された意見を簡単なメモ程度で
結構ですから、事務局に提出して下さるようお願い致します。
その中から、良い意見は理事会でも討議して見ようと思います。2000/4/24地区大会にご出席になった皆様、お疲れさまでした。私は、今朝、起きたとき、背中が痛みなぜだろうかと一瞬考えましたが土曜日日曜日と長時間、地区大会に参加して椅子に座っていたためでした。
ところで、今回の地区大会は、なかなかすばらしいプログラムだったと思います。
日曜日の九州交響楽団の演奏も素晴らしかったのですが、土曜日の精華女子高校の
ブラスバンドの演奏も素晴らしいものでした。
地区大会はロータリーのお祭りのようなものだと思うのですが、参加する前は
土曜日日曜日がつぶれることに抵抗がありますが、実際に参加すると、来てよかったと
思うことがほとんどです。今回出席されなかった皆さんも今後は積極的に参加していただきたいと思います。

2000/4/17
今日の朝刊各紙は、昨日の選挙で熊本県知事に女性が当選したことを
一斉に報じていました。
ロータリーの女性会員については、ロータリーの資料によると、当地区では当クラブが圧倒的に女性が多いのですが、全国的に見ると、当地区は首都圏や近畿圏の地区の数分の一程度の比率でした。
お手許に家庭集会のメンバー分けをした書面があると思います。
今回のメンバー分けは、前回、女性がグループにより偏りがあったとの
クレームがついたため、できるだけ均等に女性会員を分散しました。
このようなことが問題になるということは、まだまだ女性会員を特別視
している証左ですから、早くこのような感覚を一掃したいものです。

2000/3/27
本日は、年度末の多忙な時期に、このような不便な会場に多数出席を
いただきましたことを会長として心から感謝致します。
また、今回の職場訪問の実現には、関係委員会の皆様に実に手際よく準備をしていただきまして感謝の念でいっぱいです。
さらに、本日は親睦委員の皆様が会場までの要所に立ってご案内の労をとっていただき本当にありがとうございました。
私の思いつきで実現したのでありますが、会員各位のご協力によりこんなに早く実現していただいたことをあらためて感謝いたします。


2000/3/27
本日は、年度末の多忙な時期に、このような不便な会場に多数出席をいただきましたことを会長として心から感謝致します。
また、今回の職場訪問の実現には、関係委員会の皆様に実に手際よく準備をしていただきまして感謝の念でいっぱいです。さらに、本日は親睦委員の皆様が会場までの要所に立ってご案内の労をとっていただき本当にありがとうございました。
私の思いつきで実現したのでありますが、会員各位のご協力によりこんなに早く実現していただいたことをあらためて感謝いたします。

2000/3/13
本日は家庭集会の結果報告をしていただくことになっています。私は、本年度の方針の一つとして、会員相互の親睦を深めることを目標にしていました。家庭集会をこれまで2回実施しましたが、メンバーを変えて何回も実行することは、大変意義があると感じています。そこで今年度中に、報告不要の家庭集会をあと2回くらい実行したいと思っていますので、4月の理事会に諮ってみる積もりです。これが承認されたときはご協力よろしくお願い致します。

2000/3/6
本日は、風邪気味ですので、会長の時間は手短に致します。本日、当クラブは、水谷会員を新入会員としてお迎えしています。世界的にも、ロータリークラブの会員数が減少傾向にあるなか当クラブは会員各位の絶大なご協力により、むしろ年度当初より会員が増加する傾向にあり、大変有り難く感謝致します。
さて、転勤の時期を迎えていますが、会員の皆様の中でもし、転勤で退会されるような場合は、是非、後任の会員をご推薦いただくようお願い申し上げます。


2000/2/28
土曜日は、I.M、先週の月曜日は5クラブの合同例会と皆様お疲れさまです。
通常のI.Mなら、出席していれば良いのに、今回に限って、会長の卓話が課題になり、苦労しました。上野先生の基調講演を拝聴していると、難しい演題にもかかわらず、「間」の取り方が誠に絶妙で、大変聞きやすく本当に感心しました。
自分の卓話の番になると、とたんに、「間」を忘れてしまい、それを思い出したときには、話が終わっていたという状況でした。
話が変わりますが、私の思いつきで北九州エコタウンの職場例会が実現することになりましたが、これは、関係委員会の皆様の行動力によるものであり、私一人では到底こんなに早く実現しなかったことであり、大変感謝しています。私の会長の任期もまだ、4か月有ります、今後とも会員の皆様のご協力をお願い致します。
2000/2/14
日本の人口がこのままでは、どうどん減少し、50年後には、現在の半分になるという程度は皆さんもご存じと思います。
ところが1000年後になると、このままのペースだと、日本全体の人口は計算上は、130人になるそうです。こんなことになったのは、どうしてでしょうか。
いろいろ原因はあると思いますが女性が安心して出産できないということも大いに関係していると思います。
来週は、5クラブの合同例会ですが、卓話をお願いしているムーブの三隅所長の演題は、「男女共同参画社会基本法」です。
さきほどの出産の問題にも関連した話が聞けるのではないかと楽しみです。
2000/1/31
本日は「灯台元暗し」という話をします。
私は25歳くらいまで東京で育ったのですが、銀座とはどのへんに有るのかも全く判らず、実際に行ったのは高校を卒業してからでした。
このように身近な存在というのは案外と良く知らないことが多いものです。
ところで、先日、仕事で遠方に出張した時、たまたま立ち寄った書店で「北九州エコタウンを見に行く」というタイトルの本が目に留まり購入して読んで見ました。
すると今まで殆ど知らなかったのですが、響灘地区にまさに産官学が協力して様々な環境プロジェクトが立ち上がっており、現在、この分野では北九州は全国でも最先端を行っているということが判りました。
エコタウンでは様々な注目すべき事業や研究が行われていますが、とりあえず、3月27日に職場例会という形式でエコタウンにある自動車のリサイクル施設の見学を企画しようとしております。ロータリーの活動として環境保全という分野は今後、重要性を増して来ると思われますので、これを機会に勉強をしたいと思っています。

1999/12/13
本日は100パーセントホームクラブ出席を目標に出席委員長を中心に呼びかけましたところ、限りなく100パーセントに近い出席を頂き感謝します。
心なしか、本日のロータリーソングの歌声が日頃より大きかった気がします。私ごとになりますが、ゴルフの腕前が長年の努力にもかかわらず全く上達しません。
このため、昨日のニ水会でもさんざんなスコアでした。どうしてか悩んで考えたところ、上達しない理由は素質がないことは当然としてこれに加えてゴルフは遊びだからと命懸けで短期間に集中して努力することをしないからだという結論に達しました。
 ところが、ローターリー活動は長い間にわたって積み重ねていくものですから長年クラブに所属しているだけでも、多岐にわたるロータリー活動に何らかの貢献をする結果になります。この意味でも退会することなくできるだけ長期間ロータリアンとして活躍することが望ましいと思います。
本年度の国際ロータリー会長の言葉の中に「持続」があるのも、このような意味にも解釈できる気がします。

1999/12/6
早いもので、当クラブの例会も本日が361回目になります。ところで今年の例会は今日を入れて4回です。 1900年代の例会もあと4回ということになります。 当クラブの来年の例会は祭日の関係もあって初回が1月17日ですから、残された1900年代最後の今日を入れて4回の例会 を充実したものにして、来るべき2000年代の例会へとつなげて行きたいと思っています。

1999/11/29
本日、米山記念奨学会より、感謝状が当クラブに届いておりますので報告致します。
これは寄付額が100万円を超える贈られるものです。当クラブは4回目になります。
次回の地区大会で表彰があるそうです。
それから11月16日に小倉南クラブの30周年記念があり、11月26日には小倉ク
ラブの50周年が行われました。私と金田幹事が出席してきました。
私の印象は、30周年、50周年を迎えたクラブには、それぞれ独自の雰囲気というものが感じられたことです。我がクラブはあと2年で創立10周年を迎えます。
あと2年の間に我がクラブの独自の好ましい雰囲気を作るよう努力したいと思います。


1999/11/22
昨夜、私の自宅の町内会の役員会がありました。
町内会は法律上の制度ではありませんが、現実に地域で生活していく上で大きな役割を果たしています。ひるがえって現在の社会を考えると解決困難な問題が山積みしています。これらの諸問題を解決するために、これからも多くの法律が制定されるでしょうが、価値観の多様化した社会の現状からして、法律は決して万能ではありません。したがって、法律上の制度ではない、ボランティア活動の重要性が、今後ますます高まるような気がします。この意味でロータリー活動の重要性も高まってくると思います。

1999/11/15
今月29日夕方、藤寿司さんで、当会に入会して3年以内の会員を対象に理事との懇親会を企画しました。私は、本年度の目標の一つに会員の退会防止を掲げました。過去の退会の理由は様々ですが、中には入会したものの、何となくその集団に溶け込めずに退会して行った方もあったかもしれません。
私も過去に何かの会に入会したものの、何となくその集団に溶け込めずに止めてしまった経験があります。したがって、退会防止には入会間もない会員を我々が温かくフォローする必要があると思います。今回のこの企画はこのような趣旨ですから、時間が許す会員は当日来ていただいて結構だと思います。

1999/11/8
今月号のロータリーの友に国際ロータリー会長の呼びかけが掲載されています。
そこには、ロータリー活動が今、社会の変化に対応して変化すべき時に来ているという主張がなされています。
そして社会のニーズに対応して変化するために、耳触りのよくない他人の意見にも、いや、そのような意見こそ熱心に耳を傾けるべきであると説いています。
たしかにその通りだと思います。
当クラブも、先日、数年振りで家庭集会を実行したところ大変活発な意見が交換され、有意義であったと思います。
これからも数回はこのような集会を実施して、必ずしも耳触りの良くない意見を発掘してクラブの風通しを良くすると同時に社会の変化に応じた活動のために役立てたいと思いますので、今後ともご協力下さる様お願い致します。

1999/11/1
ダイエーホークスが日本シリーズに優勝しました。
ホークスファンの皆様おめでとうございます。今度の日本一で狂喜したファンが大勢、川に飛び込んだそうです。私はタイガースファンですが、昭和60年に優勝したときはその後も数年間は優勝を続けると思っていましたので、あまり騒ぎませんでした。結果は大騒ぎしておくべきでした。ところで、ダイエーホークスの王監督は、日本シリーズに優勝したあとのインタビューで、敗者を気遣うコメント内容でした。
王監督の人柄を偲ばせるものでした。ところで、本日、皆様のお手元に、職業奉仕委員会から「職業奉仕・四つの反省」という文書が届いていると思います。
3の競争者に対して「公正な態度で接しているか」と記載されていますが、この言葉は、上記ダイエーホークスの王監督の談話にも通じているような気がします。

1999/10/25
今月は職業奉仕月間ですが、本日、新しく完成した九州歯科大学附属病院を見学する機会を設けていただいた、職業奉仕委員会の皆様並びに木村会員他、九州歯科大学の関係者の皆様の尽力に対し厚く御礼申し上げます。
さて、1989年の規定審議会で採択された職業宣言の中には、次のような一説があります。
1. 職業は奉仕の一つの機会なりと心に銘せよ。
2. 職業の倫理的規範、国の法律、地域社会の道徳的基準に対し、名実ともに忠実で   あれ。
3. 職業の品位を保ち、自ら選んだ職業において、最高度の倫理的基準を推進すべ     く全力をつくせ。

以下8項目までありますが、上の3つを守るだけでも大変な努力が必要となります。
しかしながら、我々は、ロータリアンである以上、上の理想を実現するため努力する義務があります。
職業奉仕月間である今月も残り僅かですが、もう一度、職業奉仕の原点に帰って反省すべきは反省し、理想に一歩でも近づけるよう努力したいものです。

1999/10/18
10月16日の土曜日に博多駅前のホテルセントラーザで1999?2000年度地区財団セミナーが開催されましたので出席してきました。
当日は、財団の現状や財団の活動状況の報告や説明がありました。かつて財団奨学生として留学の経験があり、現在福岡ロータリークラブに所属している中牟田久敏氏から、2700地区財団学友会についてのお話もありました。財団学友会というのは、ロータリー財団による留学経験者の会ですが、現在会員が144名いるとのことです。
全国的には、国連難民高等弁務官の緒方貞子氏もロータリー財団による留学経験者だそうです。
中牟田久敏氏が留学した1957年当時は、現在の大卒の初任給ベースで換算すると財団から年間2000万円以上の金額を出てもらっていた計算になるそうです。このため、中牟田久敏氏が中洲で飲んでいるとロータリアンから「お前は、ロータリーから巨額の援助をもらって留学しているのだから、こんなところで酒を飲んでないでアフリカあたりへ行ってボランティア活動をするべきだ」と冗談を言われるそうです。なにはともあれ、ロータリ財団の活動実績や現況を聞き、我々も出来るだけの協力をしなければと思いを新たにした一日でした。来月はロータリー財団の月間でもありますからご協力のほどお願い申し上げます。

1999/10/4
今月は職業奉仕月間ですが、皆さんも自分の職業上の都合とホームクラブへの例会出席の両立に悩むことがあるのではないでしょうか。
先日、出席委員長から12月の例会日に出席100%を目指す旨の報告がありました。
しかしながら、このクラブの会員は現役の第一線で活躍している方々が多いので、ホームクラブに全員が出席するということはまず、不可能に近いと思います。
私は、職業奉仕の理念からすれば、まず、自分の職業を通して社会に奉仕することは極めて大事なことなのですから、自分の職業上の都合でどうしても止むを得ずホームクラブでの例会に欠席するのは決して責められないと思います。
ただし、修正出席率に関しては、メークアップが前後2週間認められているのですから、これを100%にすることは自分の意志で充分に可能なのですから、最低、この目標は達成して欲しいと思います。

1999/9/27
先週は地震災害や福岡ダイエーホークスの優勝はたまた台風18号の襲来と本当に目まぐるしい一週間でした。さて、このたび、元日本弁護士連合会会長が代表となって日本の裁判制度を考え直す目的で製作されていた「日独裁判官物語」という題名の映画が完成しました。
この映画は我々弁護士の寄付金で製作されたものです。私もビデオを見たのですが、日本の裁判制度は欧米に比較して民主化が遅れていると痛感しました。欧米では、一定の期間の弁護士経験が無いと裁判官にはなれないというのに対し( これを法曹一元と言う。) 日本ではキャリアシステムで裁判官制度が運用されているのです。「日独裁判官物語」のような作品は商業映画としては製作が不可能であり、ボランティアの大切さを感じさせてくれました。
  さて、話は変わりますが、この度の台湾の地震による災害に対しても、クラブとして応分の義援金を拠出したいと思っていますので、来月の理事会で承認された場合には、宜しくご協力下さるようお願い致します。