2017-2018年度方針

 

2017-2018年度会長 古川裕宣

 

村口前会長より受け継いだバトンを無事に浅海次年度会長に渡せるよう1年間しっかり頑張りますのでよろしくお願いします。
今年度のRI会長のテ-マは「ロータリ-:変化をもたらす」です。
そして2700地区安増ガバナ-の所信は「拡がりは変化をもたらします」です。
「親睦」はもちろんですが「奉仕」の本質を多角的に捉えてロータリ-の認知と理解を拡げ、同志
の拡大に繋げるために{会員}{奉仕}{対外広報}の「3つの拡がり」が提案されています。
ここ数年間行われてきたクラブの財政、運営改革もだいぶ定着してきた感があり、前年度には小倉中央らしい華美でない25周年記念事業も行われました。
今年度は安部ガバナ-補佐主催のIMが行われます。そのために会員皆さまにも色々と無理をお願いする事もあると思いますが、宜しくお願いします。
今年度のクラブ運営方針を下記のようにします。
スロ-ガン 「ロ-タリ-の基本に帰ろう」

①例会出席率の向上
例会への出席はロ-タリ-活動の基本です。
全てのロ-タリ-活動は例会の出席から始まります。例会出席を通してお互いを知り
ロ-タリ-を知り、ロ-タリ-活動への参加意欲を高めてもらいたいと思います。
②親睦活動を中心とした運営
親睦活動を活発化し会員同士、お互いを理解し、友情を育み、絆を深める。
各行事にはちょっと無理してでも積極的に参加し、話題と達成感を共有する。

③会員増強
充実したロ-タリ-活動そして活性化のためにも会員の増強は絶対に必要です。
今年度の会員増強目標は純増5名です。
会員増強委員会だけではなく、会員全員の方が1人でも多くの方に声掛け、ご紹介を
お願いします。

IMは安部ガバナ-補佐、吉田IM実行委員長を中心に会員全員が役割を持って参加し成功
させるものです。各委員会の活発な活動に加えて、IMを成功させ会員全員で絆を深め達成感
を共有出来る、そんな1年間にしたいと思っています。
本年度、会員の皆様のご協力を宜しくお願い致します

 

コメントを残す