2018-2019年度方針

 

2018~2019年 クラブ運営基本方針と基本計画

会長 浅海 輝二

2018~2019年度は、バリー・ラシンRI会長のテーマ BE THE INSPIRATION(インスピレーションになろう)です。
そして、2700地区の岡野正敏ガバナーのメッセージは、“寛容と思いやり そして和の心”とされておられます。
私たちのクラブは、この2つの指針を常に念頭におき、クラブの運営を進めていきます。
古川年度のクラブの活動を手本としながら、少しずつでもより居心地のいい、活発なクラブ運営を目指します。そして原田年度にしっかりバトンを渡せる活動をしていきたいと思いますので、各会員様にも少し御苦労をお願いするかもしれませんが、御理解をいただきたく思います。
組織としては、クラブリーダーシッププランを採用して、目的である効果的なクラブの管理の枠組みを提供していきたいと思っております。
今年度のクラブ運営方針を下記のようにしていきます。
①例会出席率向上
ロータリー活動の基本です。ここから始まりと言っても過言ではないと思います。
②成果あふれる奉仕プロジェクトを進んでがんばります。
③会員の維持、増強を図りたいです。(純増5名)
④ロータリー財団へ積極的に取り組んでまいります。
ポリオ撲滅活動への募金又は、認識向上をまず最優先にします。
⑤親睦活動を中心とした運営
各行事そして趣味による集まりなどに出席を促して会員同士の絆を深め、そして理解を深める

最後に2700地区ガバナー岡野正敏氏に依る“寛容と思いやり そして和の心”(心に広い気持ちを持って自分がかけてほしい言葉を相手の方にかけ、寛大であること)を気持ちとしてもち、各委員会の計画と実現に、そして各委員にご協力をお願いしたいと思います。

コメントを残す